東芝・シャープの崩壊と日産自動車を始めとする自動車メーカーの大幅減益によって、ここ2〜3年で就活生人気が大幅に変わっています。年号が新しくなったのを機に、新しい時代に相応しい新しい就職偏差値が2chで作成されました。今年(2020年)の2チャンネルの格付け議論や人気企業ランキングの動向から、以下のようなランキングとなりました!解説を含めて紹介します。

〜〜〜就職偏差値ランキング〜〜〜


【67】トヨタ 味の素 ANA

【66】サントリー アサヒ JAL JR東海

【65】キーエンス 明治 キリン ドコモ 花王 資生堂 JR東

===旧帝・早慶平均(上級国民)===

【64】ソニー 日立製作所 旭化成 日清食品 NTTデータ 任天堂 富士フィルム

【63】デンソー ホンダ 三菱重工 パナソニック 旭硝子 野村総研 JR西

【62】キヤノン 村田製作所 三菱ケミカル 東レ 日清食品 ソフトバンク KDDI ヤフー 楽天 IBM ニトリ アステラス製薬 第一三共 武田薬品 メトロ 東ガス

【61】日産 川崎重工 三菱電機 豊田自動織機 日本製鉄 信越化学 NTT東 大成建設 サイバーエージェント 関電 大ガス コマツ  東急鉄

【60】京セラ オムロン IHI 大日本印刷 TOTO 鹿島建設 ファナック キユーピー コーセー ユニチャーム

===MARCH駅弁平均(勝ち組)===

【59】マツダ 富士通 アイシン精機 ダイキン工業 日東電工 清水建設 キッコーマン NTT西 LINE 東宝 良品計画 東北電 クボタ

【58】SUBARU NEC ブリヂストン 東京エレクトロン 凸版印刷 日本たばこ ライオン  DeNA  東武鉄道 九電 中電 東電 東邦ガス

【57】安川電気 JFEスチール 日本ハム 三菱マテリアル 大塚商会 大林組 バンダイナムコ スクエアエニックス コナミ 松竹 小林製薬

【56】ヤマハ発動機 ブラザー工業 LIXIL リコー 日本電産 日立化成 古河電気 日本板硝子 HOYA セガ カプコン 東映 電源開発

【55】スズキ 東芝 TDK コニカミノルタ エプソン カシオ計算機 DIC 日産化学 住友重機 近鉄 阪急鉄

====ニッコマ平均(優良)====

【54】ダイハツ いすゞ 日野 ローム ミネベアミツミ 神戸製鋼所 ニコン トヨタ紡織 アルプスアルパイン 横浜ゴム ニチレイ 日本水産 マルハニチロ DHC 日本ユニシス アース製薬 スカイマーク ピーチ 名鉄 日立建機 ヤンマー グリー

【53】三菱自動車 シャープ 三井造船 住友ゴム 日本軽金属 クラリオン 伊藤ハム メイテック タダノ ミクシー

【52】ジャパンディスプレー アルバイン パイオニア テクノプロ アルプス技研






 ~~~業界分け~~~

[自動車] トヨタ ホンダ 日産 マツダ スバル スズキ ダイハツ 三菱
[他輸送] いすゞ 日野  ヤマハ発動機
[車部品1] デンソー アイシン精機 豊田自動織機 トヨタ紡織
[車部品2] ブリジストン 横浜ゴム 住友ゴム
[車部品3] アルバイン クラリオン パイオニア
[重工業] 三菱重工 川崎重工 IHI 住友重機械工業 三井造船
[重機械工] クボタ コマツ タダノ 日立建機 ヤンマー
[総合電気] ソニー 日立 パナ キヤノン 三菱 富士通 NEC 東芝 シャープ JDI
[印刷] 大日本印刷 凸版印刷
[電子部品] 京セラ 村田製作所 日本電産 TDK ミネベアミツミ オムロン キーエンス ローム
[特定製品] TOTO LIXIL ダイキン工業 ブラザー工業 ニコン リコー カシオ計算機 エプソン コニカミノルタ 富士フィルム
[工作機械] ファナック 安川電気
[製鉄工業] 日本製鉄 JFEスチール 神戸製鉄所
[食品工業] 明治 日本タバコ産業 日本ハム 日清食品 伊藤ハム ニチレイ 日本水産 マルハニチロ
[飲料工業] サントリー キリン アサヒ 雪印メグミルク 森永乳業 伊藤園
[調味料] 味の素 キューピー キッコーマン 
[化学製品] 三菱ケミカル 旭化成 東レ 日東電工 日立化成 日産化学 DIC 信越化学
[材料製品] 三菱マテリアル 住友電気 古河電気 住友金属 日本軽金属
[ガラス] AGC旭硝子 日本板硝子 HOYA
[半導体] 東京エレクトロン
[ゼネコン] 大成建設 鹿島建設 清水建設 大林組
[通信] ソフトバンク KDDI ドコモ NTT東 NTT西
[電力会社] 関西電力 東京電力 九州電力 四国電力 中国電力 電源開発
[ガス会社] 大阪ガス 東京ガス 東邦ガス
[化粧品] 花王 コーセー 資生堂 DHC
[ネット] グリー サイバーエージェント DeNA ミクシー ヤフー LINE 楽天
[IT企業] NTTデータ 三菱総合研究所 大塚商会 日本IBM 日本ユニシス 野村総合研究所
[ゲーム] 任天堂 バンダイ セガサミー スクエアエニックス カプコン コナミ
[映画] 東映 東宝 松竹
[生活雑貨] 良品計画 ニトリ ナフコ
[医療品] アステラス製薬 第一三共 武田薬品工業
[家庭用品] アース製薬 小林製薬 ユニ・チャーム ライオン
[航空] ANA JAL スカイマーク ピーチ・アビエーション
[鉄道] JR東海 JR東 JR西 東京急行鉄道 東京地下鉄(メトロ) 東武鉄道 名古屋鉄道 阪急阪神
[派遣] メイテック テクノプロ アルプス技研

【解説】

[判断の基準]
毎年各人材会社が行なっている人気ランキングは入社難易度や傾向をリアルタイムに反映している物だと思い重視しました。今まで使われてきた2chの就職偏差値は10年近く大幅な変更が無い粗悪なものですが、高学歴の意見が採用されているとの言い分は妥当かなと思い一応参考にしました。

(人気企業ランキング):(既存の2ch就職偏差値):(将来性と経営状態)=2:1:1

トヨタ・・・理系就職先の頂点の代名詞。2019年に各自動車メーカーが2桁減益の中、トヨタだけが増益だった。よって、就職先人気王者の地位はまだしばらく続きそう。ただ、令和に入りトヨタ経営者が「終身雇用は保証できない」との衝撃発言があったので決して安全ではないかもしれない。業界内でも結構激務ではあるが給料はかなり高い。令和に入って学歴ロンダリングをネタにしたパワハラ自殺があったが気にするな。
(大卒30歳850万、40歳1200万程度)

日立製作所・・・近年の業績は平行線を辿っているが、やはり電気大手の頂点としてのイメージが揺らぐ要素は未だ無い。給料も他の電気大手より一回り高く、令和に入っても高学歴理系の主要人気就職先である事は間違いないだろう。また、東芝の解体と三菱電機での自殺騒動の後という事もあり、この企業に人気が殺到しているらしい。労働時間は長くそこそこ激務。
(大卒30歳750万、40歳1100万程度)

ソニー・・・人気企業ランキングや世間ウケは間違いなくトヨタ並みだが、就職後にほぼ確実に子会社出向になる事から一部の高学歴が険悪感を抱いている。ちょっと前に業績の悪化があったが、令和に入って光学センサーが好調で悪くない決算となっている。給料面では日立製作所やトヨタに劣る。有価証券の平均年収値は1000万円を超えているが、人数を見て判る通りほとんど本社のエリート総合職のものなので注意。

三菱重工・・・近年の業績は悪化気味な為、以前よりは人気が無い。航空産業に注力しているが、果たしてボーイングから少しでもシェアを奪えるのか疑問である。ただ例えどんなに赤字になろうと軍事産業だけに国が潰そうとはしないだろうから倒産はまず無いであろう。
(大卒30歳700万 40歳1000万程度)

ホンダ・・・近年の業績は悪いため以前よりは人気が無い。自動車ではなく今後は航空機等の重工にシフトしろとの指摘も多い。ただ、ホワイトな労働環境で有名な為、高学歴からの人気はまだ高め。なんと勤続年数は22年! 給料は日産や上記電気大手よりはやや少なめだが、残業が極めて少ないため不満は出ない。
(大卒30歳650万、40歳900万程度)

デンソー・・・自動車用の部品の大手。トヨタを中心にこの表に載ってるほぼ全ての輸送機械メーカーに部品を提供し、海外メーカーの現代自動車も顧客。最近の自動車メーカーの不調でデンソーもやや減益となる。しかしその幅は間接的で安定感がある。毎年高学歴が大量に入社する。知名度が無いため上位自動車メーカーほど人気は無さげだが、給料はその程を超える。
(大卒30歳750万 40歳1100万程度)

川崎重工・・・三菱重工に次ぐ人気の重輸送機械メーカー。ただ、採用する学歴の高さの割には給料があまり高くないとたまに話題となる。
(大卒30歳650万、40歳900万程度)

パナソニック・・・本体の従業員数では国内最大級。近年の業績は悪化気味で、令和元年度の売上高はまた減益であった。昔はパワハラ・ブラックで有名だったが、近年は有給取得率が高くホワイトな環境かと思われる。その為、大量採用ではあるが就職先人気や入社難易度はそこそこ高い。年収水準は日立やソニーほどでは無い。
(大卒30歳650万、40歳900万程度)

キヤノン・・・前々から囁かれてきたが、カメラ事業の衰退で令和元年度の半期経常利益が半減した。しかも期待のミラーレスカメラはソニーに完敗してしまう始末。キヤノンはまだ他にいくつも事業を持っているからマシであるが、同業のニコンはオワコン状態である。給与水準はまだしも福利厚生が悪い事で有名。ただ、休みが取れやすく残業が少ないので行きたがる高学歴も多い。
(大卒30歳700万 40歳950万程度)

村田製作所・・・電子部品業界利益最大手。電子部品業界の業績は軒並み好調で、近年の電気大手の相次ぐ失墜の最中、高学歴の人気就職先として急浮上してきたのがこの業界である。しかも村田の場合世界シェア8割超えのハイテク部品を製造しており、米中貿易摩擦で電子部品大手が相次いで四半期決算減益を計上する中、唯一増益を計上する圧倒的な業界内強さであった。給料は大手の並水準である。
(大卒30歳600万、40歳850万程度)

三菱電機・・・電気大手の相次ぐ失墜の中、法人向けへの上手い経営転換のおかげで無事に今日に到る。給料はパナソニックと同等程度である。1000名近くにも及ぶ大卒大量採用を行っており、使い捨て疑惑が浮上している。また、近年長時間労働による自殺者が相次いで発生して「ブラック企業大賞」を受賞したため、ブラック企業の代名詞とされている。よって現在就職先人気ランキングや掲示板での扱いは、大手TOP3社にやや劣る感じである。令和に入ってまた自殺があった模様・・・
(大卒30歳650万、40歳900万程度)

小松製作所・・・建設機械の大手企業。GPSやIoT等を利用した付加価値化に業界一特化しており今後のポテンシャルは高い。労働時間が短く年収は高めなため近年の人気は高い。
(大卒30歳700万 40歳1000万程度)

京セラ・・・電子部品売り上げ最大手。傘下にはKDDIも。BtoB主体だが誰でも知ってる知名度の高さで業績も良く、不況の令和元年度も過去最高益を見込む。リストラも無く将来性も高いため、近年の就職人気は高い。薄給ブラックなどと言われてきたが、今では中堅上位大手並みの給料である。ちなみに、子会社は殆ど吸収するため本体の現業比率が高いらしい。労働時間はやや長い。宗教気質な部分は気にするな。
(大卒30歳650万 40歳900万程度)

富士通・・・この偏差値以下の電気大手は「下位」扱いである。大量採用&大量リストラによって完全に電気大手下位扱いされてしまう。リストラ企業の代名詞にもなりかけた。将来性も不安だらけだが、知名度が高い為一定の就職人気がある。情報系学生にとっては一応憧れの企業である。令和に入って小学生に一台づつパソコンを政府から支給するという計画が持ち上がっており、公費となると日本製PCを購入する可能性が高く今後売り上げが劇的に増すかもしれない。給料は悪く無いが労働時間はやや長め。
(大卒30歳600万 40歳850万程度)

NEC・・・大量リストラに加え、これと言って売れそうな事業も未だ見つからず、かつてTOPクラスであった就職先人気が、今ではリストの後半レベルに・・・ ただ人工衛星を作れる程の技術力もあり軍事産業への転換もしている。 令和に入って小学生に一台づつパソコンを政府から支給するという計画が持ち上がっており、公費となると日本製PCを購入する可能性が高く今後売り上げが劇的に増すかもしれない。 なので決してオワコンでは無いはずだ。給料は三菱電気やパナソニックと同等。
(大卒30歳650万、40歳900万程度)

オムロン・・・電子部品大手、業績が良い。給料は村田や京セラよりやや少ないくらいである。しかし労働環境はホワイトで休みが多いと噂されており、先述の通り電子部品の将来性も考慮され、近年の就職先人気は村田や京セラと同じく急上昇中である。知名度は低いのにとある近年の人気ランキングではTOP10位入りを果たしただとか・・・
(大卒30歳550万 40歳800万程度)

日本製鉄・・・鉄鋼売り上げ最大手。一昔前までは高給メーカーとして高学歴から高い人気を誇っていた(総合職に限る)。しかし価格の安い中国企業に激しい猛追を受けておりシェアを激しく奪われているため、家電並みに将来性は暗いらしい。ただ、一応業界最大規模なので合併によってまだしばらくは残るのでは無いか。同業の神戸製鉄やJFEは人気企業ランキングにはもはや載っていない。残業はかなり多め。
(30歳800万 40歳1200万)

マツダ・・・自動車大手BIG3に次ぐ人気自動車メーカー。近年売利益が喜ばしく無く、ついにトヨタ傘下になりかける。しかし労働時間が短く、給料も他の下位自動車よりはやや高めなので高学歴から一定の就職先人気がある。
(大卒30歳 600万 40歳850万程度)

東京エレクトロン・・・近年高給メーカーとして急浮上中。近年の業績は良く、ボーナスが極めて高い。しかし半導体メーカーは景気の影響をモロに受けやすく、この高給がいつまで続くかは疑問視。転勤が多く激務であるという噂もあり、加え知名度があまり無いので高学歴の就職先としてはあまりメジャーではないようだ。ソニーと同様、有価証券の平均年収値はほとんど本体のエリート総合職の平均なので注意。
(大卒30歳800万 40歳1200万程度)

ファナック・・・メーカーとしてはキーエンスに次ぐ超高給。主産業の工作機械製造技術は中韓でも真似できない程高く、将来性も抜群である。しかし知名度が低く、超激務、勤務先が富士山付近の樹海である事から「樹海に幽閉」などと言われている。勤続年数もあまり高くない。よって高学歴にとってあまりメジャーな就職先ではないようだ。 入社難易度は差ほど高くはないが、年収だけは高いので2chではチヤホヤされているらしい。
(大卒30歳900万 40歳1500万程度)

日本電産・・・電子部品大手。モーターの分野でかなり高い技術と世界シェアを誇っており、競争力は村田製作所並みである。長年薄給・ブラック・(本社ビルが)不夜城などと言われてきたが近年の給料は決して悪く無い。つい最近急激にホワイトになったという噂も・・・。知名度はやや低いが企業規模は京セラや村田に引けを取らず、何しろ経営状態は超優良である為近年ぼちぼち人気が出てきた。労働時間も年々良くなっているがまだ長め。
(大卒30歳550万 40歳800万程度)

東芝・・・2015年の粉飾決算自爆で有名。電気大手の中で就職先人気が最もガタ落ちした企業。近年は規模縮小し、医療に参入を始めるなどやや安定起動に乗り始めているが、長期的に見てもまだ不安は残る。知名度だけは高く、給料は業績の割にはなぜかやや高めである。その為激務リストラの可能性は高いが一定の中・高学歴が毎年入社している。有価証券の平均年収値はほとんど本体のエリート総合職の平均なので注意。
(大卒30歳650万 40歳950万程度)

スズキ・・・スバルと同様、トヨタ傘下入りが確定した。軽自動車の売り上げは国内外共に悪くは無く、企業としては比較的優良な部類である。しかしなぜか自動車メーカー最悪の給与水準などと噂されており、あまり高学歴にはメジャーでない就職先となっている様子。実際は下位自動車メーカー(スバル・ダイハツ・三菱)と給料面で差は無いが、自動車の生産量が多いため労働時間がやや長めである様子。
(大卒30歳550万 40歳800万)

いすゞ・・・日野と共にトラック2大大手の一つ。最近の業績は他の自動車同様あまり良く無い。それと言って特筆する様な技術力も無いが、トラックの電気動力化は難しい為これから来るであろうEV化ブームの犠牲にはならないかもしれない。給料も大手の中では普通、労働時間も普通で特に悪い要素は無いが、トラック作りというジャンルはあまりウケが良くないのか人気企業ランキングには載らない。
(大卒30歳550万 40歳800万程度)

日野・・・いすゞと共にトラック2大大手の一つ。トヨタの犬である事以外はいすゞと給料も労働時間も同等かちょっと良いくらい。トラック作りというのが地味なのか、人気企業ランキングの類には載らない。結構前にイジメがあった事は気にするな。

三菱自動車・・・燃費偽装やリコール隠しを繰り返していた。現親会社の日産に偽造を暴露され、それによって株価が下がった所を日産が全株式の30%購入したため事実上日産の子会社と化した。それから一旦業績は回復傾向を見せたが、令和に入って経常利益が半減するなど先が見えない状況が続いている。就職人気ランキングにはあまり載らない。年収水準はスズキやSUBARUと同等であるが、良くも悪くも近年マッタリしているらしい。
(大卒30歳550万 40歳800万)

シャープ・・・経営難に陥って中華系企業の子会社になってしまった事で有名。それ以降業績は著しく回復しており近年ボーナスも3回出たという。しかし中華系企業の子会社である事が癪に障るのか、人気企業ランキングからは消えたままである。掲示板などでは日本企業として参照されると必ず「中華企業だろ」と突っ込まれるが気にするな。
(大卒30歳600万 40歳850万)

横浜ゴム・・・タイヤ大手。日本自動車メーカーの不況の影響は大きいものの、海外ではBtoBとしての一定の知名度がある。就職人気は業界トップのブリジストンの影に隠れて低め。仕事量が少ないため給料に不満を持っている者は少ないらしい。
(大卒30歳550万 40歳800万)

三井造船・・・昔は知る人ぞ知る名門企業であったらしいが、ここ10年ほど業績がよろしくない。というのも、中韓に造船シェアが著しく奪われているからである。令和に入りリストラや三菱重工に提携を打診し、事実上解体と言われている。また知名度があまりなく、就職先人気ランキングには載らない。給料は自動車メーカーよりひと回り低いが、労働環境はマッタリしているという。
(大卒30歳500万 40歳750万)

アルバイン・・・カーナビ大手。スマホのナビ機能が蔓延しているため民間向け製品はオワコンになってくるため、商業的需要で稼げるかが今後の鍵となる。同業のクラリオンとパイオニアも同様の問題を抱える。給料はパイオニアと同等、クラリオンよりやや高めな感じ。
(大卒30歳600万 40歳850万程度)




【参考サイト】
【文理統合】就職先格付けランキング【2020】
【日経225社】就職難易度ランキング
マイナビ結婚モテる人気企業ランキング2018
duda就職人気企業ランキングBEST300
2万人が選ぶ就職人気企業ランキングBEST300
2万人が選ぶ就職人気ランキング(業界別)
あさがくナビ人気企業ランキング
キャリタス就職人気企業ランキング
みん就就職人気企業ランキング
【有名企業】企業推薦合格率一覧表【2020】

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close